Read More

<大いなるニンジェ(悲)を有するものは他者の苦によって苦しむ。>

<大いなるニンジェ(悲)を有するものは他者の苦によって苦しむ。> 慈とは”他者が幸福(楽)になりますように”と願い、 悲(ニンジェ)とは”他者が苦しみから離れますように”と望む、その思いである。 ニンジェ(共苦・悲) 1.他者が苦しむのを見るに耐え難く、 2.他者の苦を苦しむ、 3.他者が苦しみとその原因から離れるように欲する。 このニンジェ(共苦・悲)から湧き出る思想こそ、近代という土壌を潤し、人々が苦しみから離れる一助になる事、これこそダライ・ラマがそして私が行おうとしている理念にとどまらない行動・言動の源なのです。

Read More

國之人是 

國家とは?その地域に住む人々を守り、一つの家族を作るという事。今國家の中で何が起こっているのだろうか?   國民を守るよりも國を守るために、國を維持するために国民が多くの苦渋をなめているのが多くの国の現状ではないだろうか?   國のあるべき姿、一つの大きな家族として協力して生きてゆく道。世の國を一つの家族にするにはどうすればいいのであろうか?   これは私の今後平和活動の大きな課題だ。[…]

Read More

どれだけ多くの血と涙が流れてきたのだろうか、そして今後どれだけ多くの血と涙を流せば済むというのだろうか?

この世の中、人間の欲によって、どれだけ多くの血と涙が流れてきたのだろうか、そして今後どれだけ多くの血と涙を流せば済むというのだろうか? そんな世界に向けて、10年間一人で平和と環境保護のメッセージという石を投げてた。 今こそ、そういった同じ意識ある人々を繋げ、力とアイディアを結集して、将来を担う未来の子供たちの為に、行動を起こす時だと思う。 その為に私は自分の生涯を捧げる覚悟だ。

Read More

調心・調息・調心

調心・調息・調心 身が整えば息(呼吸)が整い、息が整えば心が整う。  「調身・調息・調心」という禅語があります。これは、正しい姿勢を保ち、正しい呼吸法で坐禅を組めるようになれば、心身ともに整う、という意味です。心が整えば、不安や悩み、怒り、嫉妬といった“イヤな感情”は軽減し、ざわめく心も鎮まります