Read More

惟仁者能以大事小,惟智者能以小事大

孟子對曰:「有。惟仁者為能以大事小,是故湯事葛,文王事昆夷。惟智者為能以小事大,故大王事燻鬻,勾踐事吳。以大事小者,樂天者也;以小事大者,畏天者也。樂天者,保天下;畏天者,保其國。」   “仁がある王は、その国の大きさで小さな国に仕える”、 “知がある小国の王は、大国に仕え、友好ができる”   大国は小国を“仁(温情)”で守り、 小国は大国を”知(知恵)”と礼節でもって仕える   惟仁者為能以大事小(ただ仁者のみよく大を以て小につかうるを為す)=「大国であっても小国を侮らずに礼を尽くすことがことができるのは仁者なればこそである。   小国でありながら、大国の圧迫に耐えて上手に立ち回ることができるのは、智者なればこそです」事は「つかえる」と読み、仕えると同じ意味。

Read More

<大いなるニンジェ(悲)を有するものは他者の苦によって苦しむ。>

<大いなるニンジェ(悲)を有するものは他者の苦によって苦しむ。> 慈とは”他者が幸福(楽)になりますように”と願い、 悲(ニンジェ)とは”他者が苦しみから離れますように”と望む、その思いである。 ニンジェ(共苦・悲) 1.他者が苦しむのを見るに耐え難く、 2.他者の苦を苦しむ、 3.他者が苦しみとその原因から離れるように欲する。 このニンジェ(共苦・悲)から湧き出る思想こそ、近代という土壌を潤し、人々が苦しみから離れる一助になる事、これこそダライ・ラマがそして私が行おうとしている理念にとどまらない行動・言動の源なのです。