Read More

國之人是 

國家とは?その地域に住む人々を守り、一つの家族を作るという事。今國家の中で何が起こっているのだろうか?   國民を守るよりも國を守るために、國を維持するために国民が多くの苦渋をなめているのが多くの国の現状ではないだろうか?   國のあるべき姿、一つの大きな家族として協力して生きてゆく道。世の國を一つの家族にするにはどうすればいいのであろうか?   これは私の今後平和活動の大きな課題だ。[…]

Read More

どれだけ多くの血と涙が流れてきたのだろうか、そして今後どれだけ多くの血と涙を流せば済むというのだろうか?

この世の中、人間の欲によって、どれだけ多くの血と涙が流れてきたのだろうか、そして今後どれだけ多くの血と涙を流せば済むというのだろうか? そんな世界に向けて、10年間一人で平和と環境保護のメッセージという石を投げてた。 今こそ、そういった同じ意識ある人々を繋げ、力とアイディアを結集して、将来を担う未来の子供たちの為に、行動を起こす時だと思う。 その為に私は自分の生涯を捧げる覚悟だ。

Read More

調心・調息・調心

調心・調息・調心 身が整えば息(呼吸)が整い、息が整えば心が整う。  「調身・調息・調心」という禅語があります。これは、正しい姿勢を保ち、正しい呼吸法で坐禅を組めるようになれば、心身ともに整う、という意味です。心が整えば、不安や悩み、怒り、嫉妬といった“イヤな感情”は軽減し、ざわめく心も鎮まります

Read More

逢花打花 逢月打月

逢花打花 逢月打月 人間は生き物であり、言うまでもなく、自然の一部です。移ろう季節を感じながら、自然とともにあり、暮らしていくのが、本来の姿です。 昔から日本人はそうした生き方をとても大切にしてきました。それがどんどん失われつつあるようで、残念でありません。[…]

Read More

心を整えるには、まず所作を整える- 桝野俊明”禅と掃除”から

心を整えるには、まず所作を整える 禅に”威儀即仏法 作法是宗旨”という言葉があります。威儀は、威儀を正すの威儀で、礼儀作法にかなった立ち居振る舞いのこと。つまり日常生活のすべての行い、起居動作について、作法に則った所作、身のこなしをすることがそのまま仏様の教えであり、また日々の立ち居振る舞いを整える事が、すなわち禅の修行である、という意味です。   禅は”行住坐臥”と言って日常生活のすべてが修行です。[…]