Read More

人間がその知恵を 働かせるということは、 国家や社会のためである。 だがそこには人間としての 「道」がなければならない。 電信を設け、鉄道を敷き、 蒸気仕掛けの機械を造る。 こういうことは、 たしかに耳目を驚かせる。 しかし、なぜ電信や鉄道が なくてはならないのか、 といった必要の根本を 見極めておかなければ、 いたずらに開発のための開発に 追い込まわされることになる。 まして、みだりに外国の盛大を羨んで、 利害損得を論じ、 家屋の構造から玩具にいたるまで、 いちいち外国の真似をして、 贅沢の風潮を生じさせ、 財産を浪費すれば、 国力は疲弊してしまう。 それのみならず、 人の心も軽薄に流れ、 結局は人類そのものが 滅んでしまうだろう。