『祇園精舎』


祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風 の前の塵に同じ。

遠く異朝をとぶらえば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の祿山、これらは皆舊主先皇の政にもしたがはず、樂しみをきはめ、諌めをも思ひ入れず、天下の亂れん事を悟らずして、民間の愁ふるところを知らざつしかば、久しからずして、亡じにし者どもなり。

近く本朝をうかがふに、承平の將門、天慶の純友、康和の義親、平治の信賴、おごれる心もたけき事も、皆とりどりにこそありしかども、まぢかくは六波羅の入道、前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、傳へ承るこそ心もことばも及ばれね。

その先祖を尋ぬれば桓武天皇第五の皇子、一品式部卿葛原親王九代の後胤、讃岐守正盛が孫、刑部卿忠盛の嫡男なり。かの親王の御子高見王無官無位にして失せ給ひぬ。その御子高望王の時、初めて「平の姓を賜はつて上総介に成り給ひしより忽ちに王氏を出でて人臣に列なる、その子鎮守府将軍義茂後には國香と改む、國香より正盛に至る六代は、諸国 の受領たりしかども、殿上の仙籍をば未だ赦されず。


現代語訳

祇園精舍の鐘の音には、諸行無常すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。娑羅双樹の花の色は、どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、春の夜の夢のようである。勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。

遠い外国(の例)を見ると、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の安禄山、これらはみな元の君主や先代皇帝の政治に従わず、(栄華の)楽しみを極め、忠告にも深く考えようとはせず、天下が乱れることもわからずに、人々の苦労するところとなるものも知らなかったので、長続きせずに滅びた者たちである。

身近な日本(の例)を見ると、承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、平治の藤原信頼、(これらの人は)得意になる心も猛々しい心も、みなそれぞれ持っていたが、最近では六波羅の入道、前太政大臣平朝臣清盛公と申した人の様子は伝え聞いても想像することも形容することもできない(ほどである)。

その清盛の先祖を調べると、桓武天皇の第五皇子、一品式部卿葛原親王から数えて九代目の子孫、讃岐守正盛の孫で、刑部卿忠盛の嫡男である。葛原親王の御子、高見王は、官職も官位もないままなくなられた。その御子の高望王のとき、初めて平の姓を賜わって、上総介になられてから、ただちに皇籍を離れて臣下の列に連なる。その子・鎮守府将軍良望は、後には国香と名を改めた国香から正盛に至るまでの六代は、諸国の国守ではあったが、殿上人として昇殿することは、まだ許されなかった。

*********************************


『平家物語』の語り出しの有名な一句です。

インドの祇園精舎には無常堂があり、その四隅の軒にさげられている鐘は、諸行僧が命を終わろうとするとき「諸行無常」の四句の偈を響かせ、僧を極楽浄土へ導いたといいます。

このように、諸行無常は人生のはかなさ、生命のもろさ、そしてときには死を意味する言葉として、日本人なじみの深い語句となっています。しかし、本来、諸行無常とは、この世のものはたえまなく変化し続けているという事実を、ありのままに述べたもので、仏教の真理の一つなのです。

人が死ぬのも無常ですが、生まれるのも無常、生長するのも無常だというのです。没落するのも無常ですが、不幸な人が幸福に恵まれるのも無常なのです。万物は流転しています。だからこそ、努力するのであり、一刻一刻が貴重なのであり、限りある生命を大切にするのです。
けっして、無情ではありません。

「諸行無常」の反対は、「常楽我浄」で、

常 – 常住で永遠に不滅不変である
楽 – 人間の苦を離れたところに真の安楽がある
我 – 人間本位の自我を離れ、如来我(仏性)がある
浄 – 煩悩を離れ浄化された清浄な世界である

Advertisements
Tagged with: