自制の練習

自制の練習
 
生活をよく整えることも、幸せになる原因のひとつです。
 
周りを観察してみてください。部屋に汚れた衣服が脱ぎっぱなしになっていないでしょうか?机の上に本や書類、パソコンの小物類、古い雑誌がごちゃごちゃに散らかっていないでしょうか?先週使った食器がまだ台所に置きっぱなしになっていないでしょうか?
 
もしそのような状態なら、どうやって自分の心を整える事ができるでしょうか?
外を整えることで、心を整えことができます。まず家の掃除をし、その後、欲や怒り、無常などの心の汚れをきれいにするのです。
 
健康な体も、実践に良い影響を与えます。ヨーガや運動は、心を健康にする一因になります。毎日なるべく長い距離を歩くようにしてください。歩くことは良い運動ですし、ひとりで静かに気づきの実践をする機会になりますから。
 
健康によい食べものを適量だけ食べることも、「心を育てる実践」をサポートします。十分な量の朝食、適量の昼食、軽い夕食をとることで、翌朝心地よく目覚めることができるでしょう。
 
このような古いことわざがあります。
”王様のような朝食をとり、友人と分け与えながら昼食をとり、適に夕食をあげよ。”
(でも、敵を傷つけるような行為はすべきではありません。)
 
ジャンクフードやアルコール、コーヒー、刺激のある食べものは、集中するのを難しくさせる場合もあります。
 
生きるために食べてください。食べるために、生きないでください。気づきながら食べるように努力するのです。
 
たまに食事を抜く人もいます。私たちはたぶんお腹がすくからご飯を食べていると思っていますが、実は習慣的に食べている場合が多いということが、食事を抜くとわかるのです。
 
最後に、自己を整えて、毎日瞑想をするようにしてください。朝起きてすぐの時間と、夜寝る前の時間にするなら、瞑想は進歩するでしょう。
 
定期的に瞑想するのがむずかしいなら、まぜむずかしいのか、自分に問いかけてみてください。おそらく、瞑想はそんな大切なものではないと思っているか、瞑想してみ自分の問題は解決しない、と思っておるのでしょう。
 
このとき、心のある疑いや恐れを観察してください。また、ブッタや、瞑想して究極の幸福に達した聖者たちの人生物語の本を読まれるのもよいでしょう。自分の人生をより良い方向に改善できるのは自分しかいません。そして、無数の方々が「瞑想には効果がある」と証明していることを忘れないようにしてください。
 
それから、特に瞑想を始めたばかりのころは、自己を少し律して、毎日、定期的に瞑想するようにしてください。
Advertisements
Tagged with: