苦しみの罠

ブッタは知っていました。「世俗の幸せを絶えず追い求めれば、
原因と結果、そして欲と怒りの終わりなき回転の罠にとらわれる。」
ということを。

思考・言葉・行動の一つひとつが結果を引き起こします。その結果がまた原因となり、それがまた別の結果を引き起こすのです。苦しみがどのように回転するかについて、ブッタはこのように説かれています。

感覚によって、欲「渇望」が生まる。
欲「渇望」によって、求める。
求めることによって、「ものを」獲得する。
獲得することによって「価値を」判断する。
判断することによって、熱望と貪りが起こる。
熱望と貪りによって、所有欲が起こる。
所有欲によって、ものおしみが起こる。
ものおしみによって、「所有したもの」を守る。
「所有したものを」守るがために、
闘争、喧嘩、非難、嘘など、
あらゆる悪しき不善な諸現象が起こる。

Advertisements
Tagged with: