To the world with “harmony” and “cooperation.”

“調和”と“協調”のある世界へ
 
ただ神様に祈るだけでは、本質的な問題は何も解決することができません。私は仏教徒ですから、祈りを信じています。しかし、この問題をつくり出してしまったのは、我々人間なのに、いま私たちは、神様に解決を求めている。それでは筋が通りません。神様はきっとこう言うはずです。「自分で解決しなさい」と。なぜなら、始まりは私たち人間なのですから。“調和”と“協調”、人道的な価値を育むために私たちに必要なのは、計画的なアプローチです。もし、今すぐそれ始めることができるなら、今世紀はこれまでとは違う結果になるはず。それは、この世界に生きる私たちみんなの利益です。家族や社会のなかで平和のためにつくしましょう。神様からの救いを期待してはいけません。もちろん、仏様や政府にも。私たちが今日直面している問題は、信仰や国籍のわずか「表面的な相違」の結果ではないでしょうか。私たちはみな、ひとりの人間なのです。
 
To the world with “harmony” and “cooperation.”
 
Just by praying to God, we can not solve any essential problems. I am a Buddhist, so I believe in prayer. However, we are human beings who have created this problem, we are now seeking solutions to God. Then, the line does not pass. God is sure to say like this. “Solve it yourself.” Because the beginning is ours. “Harmony” and “cooperation,” what we need to nurture humanitarian value is a planned approach. If you can start right now, this century will have a different result than before. That is the benefit of all of us living in this world. Let’s make it for peace in our family and society. Do not expect salvation from God. Of course, also to the Buddha and the government. The problem we are faced today is not the result of a slight “superficial difference” of faith and nationality. We are all human beings.

SWITZERLAND-INDIA-CHINA-TIBET-POLITICS-FILES
 AFP PHOTO / FILES / Fabrice COFFRINI
Advertisements