至剛而至柔

至剛而至柔

真に剛に徹しようとしたら、すべからく柔に徹すべきである。」森信三
吉田松陰は大変優しい方であった。真の偉人というものは何も叱ったりなどしなくても、人が自ら服するものである。
「至剛而至柔」至柔なる魂にして、初めて真に至剛なるを得るのであり「至柔至優」の魂を持つことが肝要である。

20140621_980551

Advertisements
Tagged with: