Together Yes WE CAN! ~Six Month Cerebration Earth~

main_bannercpi
After I finished the RAMSAR Treaty Walk through Korea, I came back to Japan and began preparing for Celebration Earth, a six month International Peace Day event with an Earthly focus. Through Celebration Earth we seek to empower the individual, to display just what we can do to make the world a better place.

 

Celebration Earth begins in Okinawa on April 1st 2009 with a Peace Symposium and ends with a tree planting/concert on the International Day of Peace (21st Sept).

 

UN Culture Of Peace Ambassador, Earthwalker Paul Coleman brought the idea to Okinawa, where it was eagerly accepted and advanced by leading activists including Shoukichi Kina, the internationally acclaimed Musician and Japanese Senator who for decades has been at the forefront of the peace movement.   Among the international figures who have joined them is Dennis Banks the founder of the American Indian Movement (AIM) who will be leading a Sacred Run before the Peace Symposium.

 

 My friend Koichi Nakatani, known around Japan as the Tree Planting Father walked with Paul for several years and with his family will walk from Hokkaido to Okinawa planting trees and spreading the message of peace through environmental restoration.

 

I myself will walk from the Yeong-Yang City in the South East of Korea to Okinawa, via Jeju Island. spreading the Celebration Earth ‘Peace Day Every Day’ message and planting trees for people killed at war. War devastates people and the natural environment that we all need to exist.

 

 I have chosen to begin from a memorial at Yeong-Yang City  dedicated to the thousands of  Korean people were forced to go to war in Okinawa for Japan. Jeju island also has a sad history; thousands of innocent people died there because the authorities were afraid they may have been communists.  

 

Following the Peace Symposium that begins the Celebration Earth  I will walk to Taiwan passing through several other Okinawa Islands on the way. Again I will be spreading the ‘Peace Day Every Day’ and will continue to do so throughout Asia and beyond  as I make my way to London for the Olympic Games of 2012, planting  where ever I go.

 

Please join us in our Celebration Earth… let’s cooperate, take some action to create a wonderful world!  Together WE CAN!  img-

韓国でのラムサール条約ウォークを終え、久々に日本に帰国しました。

そして来年度2009年4月1日から9月21日国連・国際平和デーまでの6ヶ月間

沖縄にて平和シンポジウムや、植樹イベント、そしてコンサート等

大々的にセレブレーション・アースを皆で協力して行うため準備をしております。

 

このセレブレーション・アースは、国連平和大使/アースウォーカー・ポールコールマン氏が

沖縄に提案したのがきっかけとなり、世界的に有名な音楽家喜納昌吉さん

を含め多くの方々の協力で大きな動きとなっています。

 

そしてアメリカ・インディアン・ムーブメント(AIM)の先駆者デニス・バンクス氏

(平和シンポジウムの前に沖縄でのSacred Runを行います)、またウォーキングツリーマンなど

世界の第一線で環境保護・平和の活動をしている素晴らしい方々がこのセレブレーション・アースに参加されます。

 

また日本で歩きながら木を植えて活動されている中渓宏一さん、そして彼の家族みんなで

北海道から沖縄まで、環境保護・そして平和を訴えながらリレーウォークをされ

多くの方々が協力しあい素晴らしい祭典になるよう準備をされております。

 

この平和・地球祭典に向け、私は太平洋戦争・沖縄戦へ、韓国で最も多くの朝鮮人軍夫が

強制連行されたとされる韓国・慶尚北道・英陽(ヨンヤン)から韓国・済州島を歩きそして沖縄本島へと

戦争で犠牲となった多くの人々の為、木を植えながらまたイベントを開きながら、また

セレブレーション・アース、毎日平和メッセージを伝えながら歩きます。

 

そして同じく沖縄から島伝いに台湾に渡り、沖縄・韓国・済州・台湾・そして日本のみならず、

アジアそして世界において平和・地球をより考えていただけるよう、歩きながら

平和・地球祭典のメッセージを広めるため活動も行います。

 

このセレブレーション・アースを通じ、沖縄を平和メッセージの起点とし、アジアのみならず

世界へ、平和そして地球の自然の素晴らしさを伝える重要な祭典になると私は強く信じています。

 

Together YES WE CAN!

Advertisements